数年に1度の貴重な満月「ブルームーン」が2015年7月31日に見れる | ググるニュース

数年に1度の貴重な満月「ブルームーン」が2015年7月31日に見れる | ググるニュース 記事一覧

数年に1度の貴重な満月「ブルームーン」が2015年7月31日に見れる

 


2015年7月31日に「ブルームーン」と呼ばれる数年に1度しか見ることができない珍しい満月が夜空に現れます。7月末だったら全国的に梅雨明けしているでしょうから、天気が良ければいいのですけどね。
 


 

ブルームーンとは?


ブルームーンって聞くと青い月が見れるのかと思ってしまいますけど、必ず青く光る月が見れるわけではないそうです。

ただ過去には火山の噴火や隕石から発生するガス、塵などの影響で実際に青く見えたこともあったのだとか。

ほとんど青く光らないと思っていたほうがよいでしょう。

ネット上で青い満月の画像などありますが、あれは加工しているものです。



ブルームーンには2つの定義があります。
 

季節の3回目の満月


春分・夏至・秋分・冬至に分けられた季節の中で、1つの季節の長さは3ヶ月です。

通常であれば、1つの季節で満月は3回となります。

しかし、満月の周期が29.530585日なのに対して、1ヶ月は30.436875日なので、2〜3年に1回の周期で1つの季節の中で4回満月が現れることになります。

その3回目の満月のことをブルームーンと呼びます。


 

ひと月の2回目の満月


1ヶ月のうちで2回満月が現れる場合、2回目の満月のこともブルームーンと呼ばれています。

2015年7月は、2日に1回目の満月が現れているので、2回目にあたる31日がブルームーンとなります。



どちらの条件であっても2〜3年周期で起こる現象なので貴重な満月です。

青く輝く満月が見れるわけではないですが、2015年にブルームーンが見れるのは7月31日だけですし、数年に1度しか見れない満月なので見る価値はあると思いますよ。

天気が晴れだといいですね。



スポンサーリンク

2015.07.09 Thursday|comments(0)|-|-|-
コメント








   
Copyright © 数年に1度の貴重な満月「ブルームーン」が2015年7月31日に見れる | ググるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます