「じゃんけん」に強くなる方法が統計的に判明! | ググるニュース

「じゃんけん」に強くなる方法が統計的に判明! | ググるニュース 記事一覧

「じゃんけん」に強くなる方法が統計的に判明!

 


じゃんけんに強くなる方法があるなら知りたいと思いますよね。

中国の数学者が「じゃんけんの勝ち方」についての実験で、あるパターンが存在することが判明したらしいのでご紹介します。
 

じゃんけんに勝つための方法は、昔から世界的に研究されているようで、これまでの結論は「デタラメに出すのが正解」と言われ続けているようです。

その理由としては、ナッシュ均衡が関係しているとのこと。
 
ナッシュ均衡とは、1950年にジョン・ナッシュ(94年ノーベル経済学賞受賞)により考案された、現在のゲーム理論において最も基本的な均衡概念。具体的には、ゲームに参加する各プレーヤーが、互いに対して最適な戦略を取り合っているという状況を指す。このような状況が「均衡」と呼ばれるのは、各プレーヤーが互いに最適な戦略を取り合っているため、これ以上戦略を変更する誘因を持たない安定的な状況であるからである。(知恵蔵より)

ちょっと理解するには難しいです。

でも素人的に考えても、じゃんけんは確率だから決まった順序で出すよりも、適当に出した方が勝てる気がするって思いますよね。

じゃんけんに弱い人は、いつも同じ手を出す人が多いような気もしますし・・・



実際にこれまで小規模な実験は何度も実施されてたようで、統計的には手の形的にグーが出しやすくチョキが出しにくいので、「パーを出せば勝ちやすい」というのもあるようですが、最終的には「デタラメに出す」というのが結論らしいです。

 


 

勝つパターンが判明


中国の数学者が360人の学生に300回のじゃんけんをさせる大規模な実験を行ったようで、その結果、あるパターンが存在することが判明したとのこと。

じゃんけんに強くなるためには、この勝ちパターンを把握するといいみたいです。


まず、実験結果から分かったパターンというのが、


1回目に勝った人は、次も同じ手を出す確率が高い

2回以上連続で負けた人は、次は同じ手を出さず、相手がさっき出した手に勝てる手を出す


というもの。


その根拠としては、頭では何も意識してなくて適当に出しているつもりでも、人は無意識のうちに相手の手を真似してしまう傾向があるらしいです。


よって、この実験から導き出される「じゃんけんの勝ちパターン」は次のようになります。
 
1.最初に勝った場合

次の勝負では相手が最初に出した手と同じもの出す。(最初にパーで勝ったなら、次はグーを出す)


2.最初に負けた場合

次の勝負では相手が最初に出した手に勝てる手を出す。(最初にパーで負けたなら、次はグーを出す)



ただし、この方法は1回勝負のときには通用しません。3回勝負とか回数の多い勝負の時に有効なので注意して下さい。

あくまで統計的なものなので絶対に勝てるわけではないと思いますが、試してみる価値はありそうですね。

参照 http://buzz-plus.com



スポンサーリンク

2015.01.14 Wednesday|comments(0)|-|-|-
コメント








   
Copyright © 「じゃんけん」に強くなる方法が統計的に判明! | ググるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます