NHK受信料を未払いの方は要注意!裁判で高額請求の可能性 | ググるニュース

NHK受信料を未払いの方は要注意!裁判で高額請求の可能性 | ググるニュース 記事一覧

NHK受信料を未払いの方は要注意!裁判で高額請求の可能性

 


NHKと未契約で受信料を未払いの方は注意した方がいいですよ。

「NHKからの大切なお知らせです」が届いて、そのままにしてると視聴料未払い請求裁判を起こされ、数十万円の高額な金額を払わないといけなくなる可能性が高いようです。
 

「NHKからの大切なお知らせです」は、昨年末ごろから届いているようで、NHK未契約者に対して視聴料未払い請求裁判を起こされると、これまでの結果ではNHK側の勝訴の判決が出ているらしいのです。


この件に関して立花孝志さんがYouTubeで詳しく解説していますので、ご紹介します。

 



動画の内容では、NHK受信料を未払いの方でどういった人が訴えられてしまうかというと、B-CASカードの番号を何らかの形でNHKに伝えた方とのことです。
 

B-CASカードの裏側に20桁の番号があり、この番号が漏れてしまった人です。



番号が漏れてしまう原因としては、
 
・テレビを買った時にB-CAS番号をハガキに書いて送った

・知らない間に家電量販店がNHKに報告した

などがあると述べられています。



「NHKからの大切なお知らせです」が届くと、NHK側は裁判の準備段階にあるらしくB-CASカードの番号がバレてしまった日からNHK受信料の未払い期間を遡って裁判されてしまうので、人によっては金額が数十万円になる可能性があるようです。


 

高額訴訟を防ぐ方法


高額な訴訟を防ぐためには、今月付け(最新の日付)で契約すればいいみたいです。

具体的には、「お知らせが来ているので契約したい」とNHKの集金人を呼び寄せて、やり取りを録音しながら集金人も合意のもとで契約するという手続きをすれば、いったんNHKの請求は今月からのスタートとなり、過去の未払い期間を遡って裁判を起こされるのは防げるとのこと。




「NHKからの大切なお知らせです」が届いてしまった方は、ほったらかしにせず早急に対応した方がよさそうですね。



スポンサーリンク

2015.01.05 Monday|comments(0)|-|-|-
コメント








   
Copyright © NHK受信料を未払いの方は要注意!裁判で高額請求の可能性 | ググるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます