10月8日は「皆既月食」!見ごろの時間帯や方角は? | ググるニュース

10月8日は「皆既月食」!見ごろの時間帯や方角は? | ググるニュース 記事一覧

10月8日は「皆既月食」!見ごろの時間帯や方角は?

JUGEMテーマ:気になったニュース
 


2014年10月8日の夜は「皆既月食」を見ることができます。全国で見られるのは約3年ぶりのことですので、見ごろの時間帯や方角などをチェックしておきましょう。

赤い月が見れるといいですね!
 

皆既月食とは?


地球が太陽と月の間に入り、地球の影に月が隠れることで月が欠けて見える現象を「月食」というのですが、月が完全に地球の影に入ってしまうことを「皆既月食」といいます。

地球の影に月が完全に入り込むと見えなくなってしまうわけではなく、赤い色をした満月を見ることができます。

一般的には「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれることが多いですが、地球の大気中のチリや水蒸気の量によって茶色に見えたり、赤色だったり、明るいオレンジ色に見えることもあったりと月食ごとに色や明るさは異なります。


10月8日の「皆既月食」はどんな色になるのか楽しみですね!


 

見ごろの時間帯や方角は?


10月8日の午後6時15分ごろから白い満月が欠け始め、「部分食」が始まります。

その約1時間後の午後7時24分ごろからは月全体が地球の影に入る「皆既食」が始まり、赤銅色の満月を見ることができます。

「皆既食」となるのは午後8時24分ごろまでの約1時間です。

夜8時25分ごろからは、再び白い満月へと戻っていき、午後9時35分ごろに「部分食」も終わりとなります。


やはり見ごろの時間帯といえば、赤い月が見られる「皆既食」なので、午後7時24分から午後8時24分となります。

とくに、地球の影の中心に月がもっとも近づく「食の最大」は7時55分ごろなので、少しだけ見たい方はこの時間がベストだと思います。



見える方角は、部分食が始まる午後6時15分ごろは東の空の低いところに見え、皆既食の午後7時24分〜午後8時24分ごろは東南東の空に、そして部分食が終わる午後9時35分ごろは南東の空の高いところに見えます。

部分食の始まりから見る場合は低い位置に見えるため、見晴らしのよい場所を見つけておいたほうがよさそうです。


ちなみに月食は日食のように地域によって時間帯が違うということはなく、全国どこでも同じ時間帯となります。




気になる10月8日夜の天気ですが、九州北部の一部で雨の予報となっていますが、そのほかの地域では広く晴れる予想みたいです。

今回はどんな色の月になるのでしょうかね。皆既月食を楽しみましょう!

source:AstroArts




スポンサーリンク

 
2014.10.07 Tuesday|comments(0)|-|-|-
コメント








   
Copyright © 10月8日は「皆既月食」!見ごろの時間帯や方角は? | ググるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます